ただいまサイトリニューアル作業中につき、一部コンテンツが利用できなくなっております。

旧道沿いの神社を巡ってみた!part2

 
「旧道沿いの神社を巡ってみた!part1」の続編です。
 
 
道祖神社を後に、さらに南東に進むと・・・
 
千葉市指定史跡である白幡(しらはた)神社に着きました!
DSC_0051
 
白幡神社の「白幡」という名前は、
源頼朝が千葉城主 千葉常胤(つねたね)を頼って北上したときに、
源氏の象徴である白幡を奉納したことが由来だそうです。
 
たしかに本殿のお賽銭箱に、
源氏の家紋である笹竜胆(ささりんどう)をみることができました。
DSC_0053
 
二礼、二拍、一礼。
参拝します。
「祓い給へ 清め給へ  守り給へ 幸い給へ」
 
境内を目を向けると、変わった形の石碑をみつけました。
DSC_0060
「郵船会社艀(はしけ)組合」と書いてありますね。
郵便物を取り扱う郵船会社が、
この境内の敷石を寄付したようです。
 
うーむ。ここにも、うみまちの面影を感じます。
 
白幡神社を出てさらに足を伸ばすと、神明神社に着きました!
「第一回さし石さんが大会」で大変お世話になった神社です。
DSC_0069
むむむ?
よく見ると狛犬の「阿」と「吽」が左右反対・・・?!
DSC_0071
左の狛犬が大きく口を開いているのはめずらしいですね。
何か意味があるのでしょうか・・・?
 
境内には埋まった石たち。DSC_0075
この「さし石」はかつて漁師たちが力比べをした証。
このようなうみまち文化の再興、継続を目指して、
今年も「さし石」を活かしたイベントを開催していきたいですね!
うみまちの軌跡をたどる旅、まだまだ続く・・・!!!
バックナンバーはこちら。
旧道沿いの神社を巡ってみた!part1
旧道沿いの神社を巡ってみた!part3

コメント