ただいまサイトリニューアル作業中につき、一部コンテンツが利用できなくなっております。

【ぽかぽかダイアリー】末広・千葉寺町編-Part 2-

こんにちは!今日は、先日行った寒川エリアのまちあるきの「末広・千葉寺町」方面の様子をお届けするその第2弾です。かなり広いエリアだったので2チームに分かれて散策。Part 1のチームとは別に千葉寺を中心に歩いてみました。

千葉寺駅で打ち合わせをしていざ出発!!
今回歩いたコースはこちら。

スタートは第1弾と同様に「おもてなしや」さんの素敵な花壇がおもてなし。これだけ丁寧に手入れしていると、お料理もきっと丁寧に調理されているんだろうな〜。こちらの名物はなんといってもマグロ料理。ランチならお得に食べれてメンバーも高校生時代に行ったことがあるとか。

少し歩くと「きじばと公園」に到着。ちなみにキジバトは全国に繁殖していている鳩の種類で、都市部より郊外にいるとのこと。

公園全体は秋の色づきで綺麗でしたが、遊具も砂場も寂れていてちょっと寂しい印象。

きじばと公園から千葉寺へ坂道を上っていくと、左手に謎の階段が。。。恐る恐る降りて行くと千葉の細道がありました。街灯も無くって夜はちょっと怖い道。まち歩きって普段は素通りしそうな所に行けるのが魅力ですよね。

細道を抜けた所にはこれまた怖めの字体の病院が。こちらは中村古峡記念病院。約90年の歴史がある地域の病院のようです。坂道が急で、おじさんにはちょっとキツかったです笑

病院から5分ほど歩くとこのコースのメインである「千葉寺」に到着。千葉寺って「ちばでら」かと思いきや正式には「せんようじ」って呼ぶんですって!!知らなかった〜〜。 門の中には沢山の人の名前が書いてあるお札がずらり。大きさもデザインもバラバラ、勝手に貼れるわけはなく、どうな人達が貼っているんでしょう??  

千葉寺には県の天然記念物に指定されている銀杏の木があります。709年に植えられたと言われるこちらの木、特徴的なのが木の枝から伸びる乳柱と言われる根。歴史と生命力の強さを感じました。

おそらくかつて山だった所に建てられたであろう病院や千葉寺からの下り坂には広い敷地の高級そうな住宅がずらり。昔からの地主さんが住んでいるんですかね。

平地に降りて、総武線の線路沿いを歩くと今回のまちあるきで私が一番癒された場所「末広公園」があります。野球場があってその周りにある公園では子供も高齢者ものんびり過ごすスペースがありました。様々な世代が集える場所って素敵ですよね〜。

最後に温かい気持ちになりながら千葉寺駅へ戻りました。今回のまちあるきは秋という季節も相まってどこに行っても金木犀の良い香りがしていました。また違った季節の顔も見てみたいものです。

文:岡村大介

コメント