【うみまち仕掛人vol.1】 山友 浩司さん

これまで千葉市・蘇我の昔の姿を知る方や
千葉市ビーチ観光大使の方を取り上げてきた「ぽかぽかインタビュー」。

2019年の秋、ついに新シリーズがはじまります!

今回のぽかぽかインタビューシリーズでは
蘇我・千葉みなとエリアの今にクローズアップ。
うみまちを盛り上げる「仕掛人」たちを紹介していきます!

 

“千葉みなと”の仕掛人、山友浩司さん

第1弾でご紹介するのは株式会社ケーズネットワーク代表取締役、
山友浩司さん。

2008年に千葉みなとに本社ビルを建設し、
「オーシャンテーブル」をはじめ海のある風景を
楽しめる飲食店を展開しています。

そんな山友さんに、千葉みなとの海を楽しめるスポットづくりや、
これからの千葉みなとについての思いについて聞きました。

千葉県内外にも洋風レストランや鍋料理専門店などを出店しています

 

「ひとめぼれ」した千葉みなとの夕日

京葉線千葉みなと駅から徒歩5分の場所に、
ケーズネットワーク本社ビルがあります。

マンションが立ち並ぶ風景から一転、
周囲には芝生が広がり、海が一望できます。

こんな景色が楽しめるようになったのは2016年の春のこと。
山友さんがこの場所に本社ビルを建てた頃には、
周囲にはまだ何もありませんでした。

「当時の千葉みなとは、駅はあったのですが
マンションも病院もなく、
ただ工場があるだけでした。
このビルを建てた場所も立ち入り禁止のような状態です」

しかし、そんな千葉みなとで山友さんの心をつかんだものがあります。

それは、夕暮れの海の景色でした。

「海に夕日がまっすぐに沈む光景を見たんです。
それが本当にきれいで、ひとめぼれでした」

何もない千葉みなとでの本社ビルと店舗の建設は、
山友さんにとってもチャレンジでした。
しかし、これ以上悪くなることはない、
これから良くなっていく場所だ
という思いから、この場所への進出を決めたのです。

 

オーシャンビューのレストランが併設された本社ビル

 

コンセプトは「海」と「リゾート」

ケーズネットワークではレストラン「オーシャンテーブル」、
鍋料理専門店「MA~なべやみなと店」、
またレストランやカフェなどが併設された
旅客船ターミナル等複合施設「ケーズハーバー」を運営しています。
どれもまるで千葉にいることを忘れてしまうような、
非日常的な空間が演出されています。

千葉みなとで展開しているお店のコンセプトになっているのは、
「海」と「リゾート」です。
中でも、オーシャンテーブルやケーズハーバーは
海外のリゾート地がイメージされています。

オーシャンテーブルの屋上からは芝生の緑と
赤いレンガ敷きが魅力的な桟橋公園、
東京湾を見渡すことができます。
そしてこの屋上には、なんとプールまであります。

「たまたま旅行でギリシャを訪れたのですが、
これだ、と思いました。

ミコノス島のテラスは海に向かってせり出していたり、
もう一段違うテラスがあったりして、
段違いになっているんです。

そんな様子を参考にしました」

 

プールから海が一望できるテラス、まさにリゾートそのものです

 

千葉みなとを、もっと人が集える場所に

周囲には何もなく、ぽつんとあるだけだった
ケーズネットワーク本社ビル。
現在ではマンション、ホテル、結婚式場などの施設が増え、
まちの雰囲気はだんだん明るくなってきています。
公園の整備も進行中です。

そんな千葉みなとですが、
これからはもっと「人が集う場所」に
していきたいと山友さんは話します。

「カリフォルニアのビーチサイドでは、
ネイルやペイントタトゥーの出店があったり、

アンティークショップもあれば、キッチンカー、
果物販売の屋台もある中で、
大道芸や音楽も楽しめるんです。

その景色の中を、ローラースケートで駆け抜ける若者もいれば、
犬をつれて散歩する親子、ジョギングしている人、
ベンチで景色を眺める老夫婦と、
静かな日常の中にも賑わいがある。

そんなカリフォルニアの海沿いのような自由で楽しめる空間を、
この千葉みなとにつくっていきたいですね」

まずは、「千葉みなとに行けば何か面白いものがある」
と思ってもらえるようにしていきたいと、
イベントの開催や誘致にも力を入れています。

千葉みなとが、近隣の住民だけでなく老若男女問わず
色々な人が集まる場所になることを目指し、
これからも山友さんの挑戦は続きます。

 

ただの空き地から公園へ。これからどんな賑わいが生まれるのか楽しみですね!

関連記事