昭和24年9月

千葉市で市営競輪が開始


スクリーンショット 2015-09-08 15.41.45

千葉競輪場は、昭和24年8月30日に全国11番目の競輪場として許可され、同年9月16日に千葉公園陸上競技場内競輪場において第1回千葉市営競輪が開催されました。現在(平成28年現在)まで67年間の長きにわたり運営されており、この間、平成23年度までには1兆2559億円もの車券発売が行われ市財政に大きく貢献してきています。

1つのエピソードとして1973年4月9日の第7競走において、当時全ての公営競技において過去最高となる236万3180円という配当が出たことでも有名な競輪場になりました。